エキサイティングな釣り やってきました

どうも、くっちー(@coccy1031)です。

今年もようやく釣りにいってきました。

週末を迎えるまでに雨が降ったことがあり、海の状態がどうなるかわからなかったですが、

エキサイティングな釣りができました。

 

どうも、くっちー(@coccy1031)です。個人的な意見が満載ですが、僕の道具・経験を交えつつご紹介します!※今回偉そうなことを言っていますが、経験と予算の少ない僕目...

出発は瀬戸内マリン

先輩の船に同乗させてもらうため僕はいつもここです。

ちなみに高松には遊漁船というものもあるので、そちらでエキサイティングな釣りをすることも可能です。

 

釣りは朝一が勝負

個人的な印象ですが、朝一のエサの時間(朝間詰め)のときが勝負になります。

いつもは朝一がうまくできずに厳しい釣りになるのですが、今回はやりました!

60cmオーバーです!!

 

これ以外にも小物は釣っていますが、今回の最大サイズでした。

先輩も含め、全員安打で帰ることができました。

 

これ以外にクーラーにタイが2匹、ニベが3匹、キスが1匹!!

 

今回の考察を自分なりに考えてみました。

高松でタイ釣りをされる方の参考に(自分のメモも兼ねて)なればと思います。

 

 

朝一の状況

本日(5月27日)は朝は寒く、水温はそんなに高くなかったと思います。しかし活性はありそうな潮でした。

また、前々日の雨が影響して水中は濁っていました。

 

このことから、タイラバはアピール力のある赤を選択。おもりは60g。

潮が早いため早巻でトライ。

場所は坂出付近(瀬戸大橋まではいかない)

 

今回は全体を通して、赤色のネクタイがポイントだったと思います。

70cmオーバーを釣り上げた先輩も赤をチョイスされていました。

(僕が朝一から好調だったので、みんな赤になったんですが)

 

この時間帯がやはりエキサイティングな釣りでした。

 

お昼の状況

潮は正直流れが悪くなっていました。

10時30分ぐらいからは、精神修行のような状態でした。

肝心のタイはこず、別のものが多かったですね。ニベ、マゴチとか…

 

夕方の状況

正直お昼とそんなに変わっていません。

若干タイの当たりもあるかな?という印象でした。

 

合間にこんな景色を眺めながら船にゆられつつ、タイを待ちます。

 

 

エキサイティングな釣りを楽しむためのポイント(反省)

防寒着は持っていこう

5月となると日中は暑いですが、海の上は風をさえぎるものがないため直接体に当たります。思ったより寒いということもありますので、薄手のウインドブレーカーのような風を遮断できるものがあるといいですね。そういうものはちょっとした雨もなんとかなることが多いです。

ちなみに今日は非常に寒く、日差しの下にいても風で寒いと感じていました。

 

日焼け止めは必須

海の上は太陽もさえぎるものがありません。上からの光は、帽子などでカバーできますが、海面に反射したものは難しいです。

 

水分は余裕をもって

1日中太陽の下でいると、思っている以上に水分を奪われます。

1日いる場合、僕は500mlのお茶や、スポーツドリンクを2本は持っていきます。

+コーヒー500ml1つですね。

 

 

これであなたもエキサイティングな釣りライフを!

同じように釣りをしている方いましたら情報交換しましょう!!